研修でサービスや気遣いを覚える

旅行や外出で欠かす事の出来ない宿泊施設としてまず思い付くのはホテルである。良い宿泊施設に泊まる事が出来ればその旅行を十分に楽しむ事が出来るが、質の悪い施設に泊まってしまうと良い思い出が残らないという可能性さえ出てきてしまうのだ。宿泊施設の良し悪しを判断する基準として多くの人が設備や立地を挙げるが、実際はアルバイトの接客対応が優れているか否かが、旅館に対するお客様からの印象を決定付けてしまうのも事実である。忘れる事の出来ないような素晴らしい接客を受ければ、例えそのホテルの設備が充実していなかったとしても、お客様は満足して過ごす事が出来るのだ。アルバイトの仕事内容は多岐に渡り、配膳のアシスタントをする場合においては食器の置き方からビールの正しい注ぎ方まで、研修によって徹底的に教え込まれるのが一般的である。アルバイトといえども、大切なお客様に失礼な態度を取ってしまってはパーティーの席が台無しになってしまう可能性もあるので、最初は重要な業務を任せてもらえることは少ないと言える。新人のうちは、お客様の食べ終わったお皿を回収したり、料理を取り分けるお皿をお客様の前に出すだけといった簡単な業務しか任されないのが一般的である。しかし、下積みとしての経験を十分に積んだ後は、直接お客様に料理を運んだり、あらゆるテーブルサービスをこなすなどの重要な役割を任される事も少なくないのだ。まずは新人時代にどれだけ基本を徹底できるかが、ホテルのスタッフとしての力量が試される所である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です